オーストラリアでは裸足でもOK?

オーストラリアのケアンズで留学したときに驚いたことは、裸足で街を歩く人がいることです。
通学路で、ショッピングモールで、バスの中で、色々な場所を靴を脱ぐ堂々と歩いているので「すごいな…」と思いました。
調べてみるとオーストラリア人は裸足で道を歩くのは珍しくないとのこと。
ただ、シドニーやブリスベンなどの都市部ではあまり見かけないので、田舎や郊外の習慣のようです。
なぜ裸足で歩くのかホストファミリーに聞いてみると、「楽だから」と言われました。
裸足で歩く習慣のない日本人からすると「えっ」と思いましたが、オーストラリアでしばらく生活しているとそのことが何となく分かってきました。
私がケアンズに訪れたのは雨期の頃だったので、急にスコールが降ることもありました。
スコールが降ると道路は当然濡れますし、大きな水たまりが道をふさいでいることもあります。
特に舗装されていない土の道はぐちゃぐちゃになっていて、靴をできるだけ汚さないように歩くのは苦労しました。
サンダルで歩いたとしても服に泥がはねるのが嫌なので、スコールが降ると憂鬱でした。
そんなとき裸足で歩いているオーストラリア人を思い出し、思い切って靴を脱ぎ、裸足で歩いてみることに。
すると思いのほか快適でびっくり。
もちろん靴は汚れませんし、足裏に感じる草や泥の感触が不思議と気持ちよく感じました。
それ以降、道路が濡れているときは裸足で歩くようになりました。
単純ですが、オーストラリア人の習慣を真似することで、少しオーストラリア人に親しみを感じ、コミュニケーションをとるときの緊張が少し和らいだことを覚えています。
最近流行りの、セブ島への留学に必要な費用って知ってる?セブ留学メディアなら全て教えてくれます。

中国へ留学する前にまず体験談を見てみよう