アメリカと日本の食文化とお酒文化の違い

アメリカは日本の同盟国として有名ですが、日本とアメリカの文化の違いは多くあります。痩せている人の比率はアメリカより日本のほうが遥かに高いと言えます。アメリカ人を見ると分かりますが、太っている人が多いという事です。食習慣や食べ物が原因とされ、日本でも食の欧米化により肥満が問題になっています。しかしアメリカ人に比べてジャンクフードやお菓子や清涼飲料水を大量に摂取する日本人は少ないと言えます。食については日本人のほうが自らを律することが出来ると言えます。お酒の飲み方と考えるとアメリカ人のほうが考えてお酒を飲んでいると言えます。日本では金曜の夜の電車ともなると酔っ払いを良く見かけます。アメリカでは酔っぱらって泥酔している人はほとんどいません。アメリカでは、レストランでお酒と一緒に大きなグラスに入った水がだされるので、その水を飲みながら、お酒を飲む文化があります。日本では、お酒を飲みながら水を飲む人はお酒が弱い人でしか見かけないと言えます。日本とアメリカの食文化とお酒の文化の違いが大きくあると言えます。
最近流行りのセブ島留学への持ち物って?セブ留学メディアで確認してみよう。

ドイツを留学先に選んだ理由とは?